フォトアルバム

カウンター(⌒∇⌒)ノ

どらいぶに(⌒∇⌒)ノ


  • gogo.gs

きたのだいち2014 Feed

2014年9月 3日 (水)

10日間の長旅も、これでおしまい・・・(´・ω・`)

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090301
きのうのつづき、σ( ̄∇ ̄;)の北への旅のレポ第37回、長々と続けてきた旅のレポも今回で最終回でし♪

フェリーが小樽港を出港、しばらくは船内で写真の整理なんかをしてから就寝。
(o_ _)o.。oOOグゥグゥ

一夜明けると、とてもいいお天気。舞鶴から北上してきたフェリーとすれ違いまつが・・・白い船体が眩しいでし。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090302a14090302b

船内ではビンゴ大会が始まりますたので、σ( ̄∇ ̄;)もとりあえず参加。
しかし・・・ビンゴするどころか、全然開かずに終わってしまいますた。
(o;_ω_)oバタ

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090303a14090303b

ビンゴ大会が終わってからは、ちょっとしたステージも始まりますたが・・・
σ( ̄∇ ̄;)はここはスルーして、部屋でひたすら写真の整理。
お昼ごはんには、『エビ味噌ラーメン』をいただきますたが、これウマぁ~ですた。
(゚д゚)ウマー

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090304a14090304b

お昼ごはんがすんでからは、大浴場でしばしマターリヽ(´ー`)ノ。
晩ごはんには、↑㊨のようなカンジのものをいただきますた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090305a14090305b

南へ行くにしたがってだんだん空模様は怪しくなってきて、夕陽は残念。
空はすっかり暗くなった頃には、だんだん街の明かりが見えてきて、舞鶴到着が近くなりますた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090306a14090306b

とゆーことで、船は定刻通り舞鶴港に到着。
GPSロガーによると、↑㊨のような航路だったようで、1060kmほどの船旅はおしまいでし。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090307a14090307b14090307c

10日ぶりに本州の地を踏みしめたσ( ̄∇ ̄;)、あとは自宅に帰るのみ。
舞鶴東ICから舞鶴若狭道へ。バビューンと駆け抜けて綾部JCTからは京都縦貫道を南下しまつ。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090308a14090308b14090308c

京丹波わちICで京都縦貫道とはいったんお別れ。
R27を南へと走り、丹波ICから再び縦貫道へ入るおきまりのコースでし。
C= C= C= ┌( ̄ー ̄)┘
 ↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090309

京都縦貫道とは沓掛ICでお別れ。
そこからはR9を走って、舞鶴港から2時間弱で自宅に到着しますた。

今回、10日間もの長旅だったのでつが・・・ヤパーリ旅は楽しいものでつ。

日程の関係もあって、まだ日本最北端を制覇できなかったのでつが、それは次回のお楽しみ。

カラダが動くうちに制覇できたらいいなぁ~・・・

(おしまい)

2014年9月 2日 (火)

ついに、北の大地とお別れの時が・・・(_´Д`)ノ~~

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090201
月替わりのごあいさつで1日お休みしてしまいますたが、きのうのつづき、σ( ̄∇ ̄;)の北への旅のレポ第36回でし♪

ぜひとも行ってみたかった神威岬を制覇し、日帰り温泉でマターリヽ(´ー`)ノとすると、外がちょっと薄暗くなってきますた。

いよいよ北の大地を離れる時が刻々と迫ってきますたので、R229を小樽へ向けて戻りまつ。
C= C= C= ┌( ̄ー ̄)┘

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090202a14090202b14090202c

こんどは日本海を左手に見ながら、R229からR5へと駆け抜けまつが・・・
だんだん暗くなってきて、北の大地を離れる寂しさが次第にこみ上げてきますた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090203a14090203b

1時間ちょっとで、小樽市内へ。コインパーキングにE91クンを置いてテクテク。
昼間は賑わってたのがウソのように静かな中、小樽出抜小路へときますた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090204a14090204b

昼間だけ営業のお店もけっこう多く、出抜小路の中は静まりかえってますた。
夜開いてる店も何軒かあるので、晩ごはんのお店を物色しまつ・・・

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090205a14090205b

北の大地最後の晩餐に選んだのは、こちらのお店
ジンギスカンも一度くらいは食べておかないと・・・ってことでし♪

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090206a14090206b

フェリーターミナルまでは運転しなければならないので、ノンアルコールで乾杯。『ラムステーキ180g』(1,300エン)をいただきますたが・・・なかなかウマウマですた♪
(゚д゚)ウマー

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090207a14090207b

晩ごはんのあとは、フェリーまでまだ時間があるのでオスパへ。
ここ、4年前にも寄り道したところで、フェリー乗る前の定番になってまつ。
お風呂でしばしマターリヽ(´ー`)ノ。この日2本目でつが、コーシー牛乳もしっかりいただきますた。
( ̄▽ ̄)=3 プハァー

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090208a14090208b

いい時間になってきたので、フェリーターミナルへ。
乗船までの間は、しばし付近をウロウロでし。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090209a14090209b

E91クンとともにフェリーに吸い込まれますた。 北の大地を離れる寂しさは、いよいよピークになってきますた。
サヨーナラァ・・(oT-T)尸~~
 ↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14090210

この日の走行ルートは↑㊨のとおりで、65kmちょっと。330kmほどの走行で、2500km近くにもなった北の大地の旅はこれでおしまいとなりますた。

膨大な量の写真の整理をしているうちにフェリーは出港。
ここから21時間ほどの船旅で、京都へと戻りまつ・・・

(つづく=次回で完結でし♪)

2014年8月31日 (日)

『女人禁制の地』は、絶景で・・・ヽ(=´▽`=)ノ

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083101
きのうのつづき、σ( ̄∇ ̄;)の北への旅のレポ第35回でし♪

いったん最終目的地の小樽を通り過ぎて積丹半島まで来たσ( ̄∇ ̄;)、ウマウマなウニ丼をいただいたので、ちょっと観光なんぞ。
(「  ̄ー ̄) ドレドレ・・・

ってなわけでやってきたのは、こちらのお店から東へE91クンで10分ほどのところにある積丹岬の駐車場でし。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083102a14083102b

まずは、トンネルを抜けて、島武意海岸の展望台へ。
トンネルはそれほど長くもなく、すぐに到着しますた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083103

午後になって雲が多くなってきてしまいますたが、海岸の眺めはイイカンジ。
展望台から海岸まで下りることもできたのでつが、あとで上がらねばならぬことも考えて、ここはちょっと挫折しますた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083104a14083104b

トンネルを駐車場に戻ってからは、散策路をテクテク。上りがかなりキツかったでつが・・・
15分ほどで積丹出岬灯台まで来ますたので、灯台のシュギョー。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083105a14083105b

海岸よりも高いところに上がったおかげで、断崖絶壁がイイカンジに見えまつ。
そして、灯台から引き返す道すがら、眺める景色もとても( ̄▽ ̄)b グッ!ですた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083106a14083106b14083106c

しばし積丹岬を散策したあとは、E91クンで西へ向かいまつ・・・
C= C= C= ┌( ̄ー ̄)┘

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083107a14083107b

15分ほどで神威岬の駐車場へ到着。
ここ、4年前にも回ろうかと思ったのでつが時間切れで挫折したので、ぜひともってことで。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083108a14083108b

この岬は、かつては女人禁制だったところ。
その名残を示す門をくぐると、岬の先端がおぼろげながら見えてきますた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083109a14083109b14083109c

岬の先端までは、駐車場から歩いて20~30分かかりまつ・・・
そこそこアップダウンもあるので、途中立ち止まってシュギョーしながらテクテク。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083110a14083110b

先端近くにある神威岬灯台まできますた。
ここから見る神威岩に積丹ブルーの海は、曇ってても絶景でし♪
ヾ(●⌒∇⌒●)ノ

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083111a14083111b14083111c

細長く突き出た岬に、積丹ブルーの海・・・どれだけシュギョーしても飽きません。
ところどころキレイに咲く花とともに、海の底に吸い込まれそうですた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083112a14083112b

岬の先端まで行ってから駐車場の近くまで戻ってみると・・・子ギツネハケーン。
300mm付けてなかったのが悔やまれまつが、なんとか撮ったどぉ~・・・ってカンジでし。
( ̄ー☆キラリーン


ここはホンマに絶景スポット。シュギョーする場所に事欠かない。
空模様がイマイチだったのが残念なので、ぜひともリベンジしたいものでつ。
o( ̄ー ̄;)ゞううむ

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083114a14083114b

神威岬の遊歩道を往復してちょっと汗をかいたので、近くにあるこちらの温泉に寄り道。海の見える露天風呂でマターリヽ(´ー`)ノ。風呂上がりのコーシー牛乳もしっかりといただきますた。
( ̄▽ ̄)=3 プハァー
 ↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083115

とゆーことで、今回の走行ルートは→のとおり。距離にしてほんの30km弱ですたが、この日の走行距離も250kmを超えてきますた。

いよいよσ( ̄∇ ̄;)の北への旅も大詰め。
フェリーに乗り遅れてはシャレにならないので、晩ごはんを小樽でいただくべく戻ることとしますた。

(つづく)

2014年8月30日 (土)

遅まきながらの、ごあいさつ。゚(-m-)パンパン

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083001
きのうのつづき、σ( ̄∇ ̄;)の北への旅のレポ第34回でし♪

三笠鉄道記念館で鉄ちゃん気分をちょっとだけ味わったσ( ̄∇ ̄;)、次の目的地へと向かうわけでつが・・・ここ三笠もかつては炭鉱の町だったところ。

E91クンで走ってる車窓からは、炭鉱で働いてた人が住んでたであろうアパートなんかが見えるのでつが、どこも人の気配を感じられず。

賑わいを取り戻してほしいと思うのでつが、こればかりはいかんともしがたいんでしょうか。
( ̄~ ̄;) ウーン

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083002a14083002b14083002c

r116を西へしばらく走り、三笠ICから道央道へと入りますた。
西へバビューンと駆け抜けまつ・・・
C= C= C= ┌( ̄ー ̄)┘

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083003a14083003b14083003c

道央道は札幌ICで下りて、札幌の市街地へと入りますたが・・・
さすがは190万都市。北の大地らしからぬ都会の風景でし。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083004a14083004b

札幌市内のセルフでガソリンを満タンにし、北海道神宮へ。
旅の最終日になってしまいますたが、北の大地の総鎮守にごあいさつでし。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083005a14083005b

さすがは北の大地の総鎮守。境内は広々としておりますた。
茅の輪くぐりなんかがあるあたりは、全国共通ってところでしょうか。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083006a14083006b

本殿にしっかりとお参り。例によって御朱印もしっかりいただきますた。
今回の旅でいただいた唯一の朱印だったりしまつが・・・
(シ_ _)シ ハハァーー

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083007a14083007b14083007c

北海道神宮へのお参りをすませると、お昼をとうに過ぎていますたから、お昼ごはんの場所へと急ぎまつ。
札幌西ICから札樽道へ。小樽の街を通り過ぎてさらに駆け抜けまつ・・・

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083008a14083008b14083008c

R5をしばらく走り、余市の街も通り過ぎて、さらにR229へ。
右手に海を眺めながら、ひたすら積丹半島の先を目指しますた。
ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083009a14083009b

1時間半ちょっとかかりますたが、こちらのお店に到着。
初日のお昼ごはんがウニ丼だったんで、最後もウニで締めたかったわけでつが・・・
(6 ̄  ̄)ポリポリ
 ↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14083010

限定の赤ばふん生うに丼はとっくに売り切れ。お昼もかなり遅い時間になったのでこればかりは仕方がなく、フツーの『生ウニ丼』(2,400エン)をいただきますた。
これはこれで、ウマウマですた♪
ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ

とゆーわけで、今回の走行ルートは→のとおり。150kmを超えるイッキの移動となりますた。

オナカもマンゾクしたので、積丹半島をしばし観光しまつ・・・

(つづく)

2014年8月29日 (金)

ちょっと、鉄ちゃん気分にも・・・く(*´ー`)

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14082901
きのうのつづき、σ( ̄∇ ̄;)の北への旅のレポ第33回でし♪

夕張を出発、ダムめぐりをしながら北上して三笠へと入ったσ( ̄∇ ̄;)、三笠市立博物館へと来ますた。

桂沢ダムからだと、ものの10分ほどで到着でし♪

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14082902a14082902b

ここ、JAF割引もあるのでつが、三笠鉄道記念館とのセット券のほうがお得とのことで、そちらを購入。館内へと入りますた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14082903a14082903b

三笠市周辺は、白亜紀の地層が分布してて多数の化石が発掘されるんだとか。
館内は、発掘された化石でイパーイですた。
(ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・・


基本は、化石をイパーイ展示してるところではあるのでつが・・・
かつて炭鉱で栄えたところでもありまつから、炭鉱に関する展示もありますた。

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14082905a14082905b

三笠市立博物館をちょこちょこっと見て回ったあとは、E91クンで移動。
15分ほどで、三笠鉄道記念館へと来ますた。
σ( ̄∇ ̄;)としては、こちらのほうがメインだったりするわけでつが・・・
(´~`ヾ) ポリポリ・・・

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14082906a14082906b

館内には、蒸気機関車が展示されており、運転席も見れるようになってますた。
意外と運転席からの前方視界がよくないのには、ちょっとビックリ。
ヽ(゜Д゜)

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14082907a14082907b

電気機関車やディーゼル機関車も、内部を見ることができますたが・・・
中は人1人が通るのがやっとの狭さ。整備とかタイヘンそうでつ。
(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14082908a14082908b

さすがは北の大地。敷地内には、除雪車もいろいろと展示されていますた。
雪国には縁のないσ( ̄∇ ̄;)、もちろん見るのは初めて。
寒いのダメポなσ( ̄∇ ̄;)としては、走ってるところを見たくはないでつが・・・

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14082909a14082909b

館内の展示コーナーに入ると、かつての運賃表や看板など、いろんなものが。
昔のものって、なんともいえない味があるなぁ~・・・
o( ̄ー ̄;)ゞ

↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14082910a14082910b

廃線になった駅名が、館内のあちこちにぶら下がってますた。
こういうのを見るとやはり、寂しさは隠せないでつねぇ~・・・


あちこちシュギョーしながら回ったら小一時間。けっこうかかりますた。
しかし、車体や貴重な資料などなかなかの充実ぶりで、とても見応えがありますた。
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
 ↓画像はクリクリすると拡大しまつ・・・
14082912

とゆーことで、今回の走行ルートは→のとおり。走行距離はほんの15kmちょっとですた。

この日の走行距離は75kmくらいになりますたが、まだまだゴールまで先は長いでつ。

化石とか鉄道とかをいろいろと見ることができてなかなかマンゾクしたので、次の目的地へと向けてE91クンを走らせまつ・・・

(つづく)

PRでし(⌒∇⌒)ノ

おみせでし(⌒∇⌒)ノ

コミュでし(⌒∇⌒)ノ

おともだち(⌒∇⌒)ノ

ころ☆ぷら(⌒∇⌒)ノ

  • 第1128883コロニーでし♪ σ( ̄∇ ̄;)のコロニー

    コロプラやってみたい方は、
    ↓のQRコードをケータイから読み取ってくださいね。
    m(_ _"m)ペコリ
    σ( ̄∇ ̄;)からの招待状

このサイト(⌒∇⌒)ノ

  • ■トラックバックは承認制でつ。TB発射の際には、コメントなどでご連絡いただければありがたいでつ。
    ■コメント等、不適切な書き込みであると判断した場合は、予告なく削除させていただくことがありまつ。
    ■このサイトの情報により生じた損失等には、一切責任を負いませんので、あくまで自己責任でお願いいたしまつ。

    σ( ̄∇ ̄;)の、このサイトのバナーでし♪ よろしかったら貼ってくださいませ。
Powered by Six Apart
Member since 10/2008